Our Concept

私たちは、市民一人ひとりが日々の暮らしの中で環境に配慮したライフスタイルを選択するためのお手伝いをしていきたいと考えています。

box  甲府市地球温暖化対策実行計画において、「人づくり」「地域づくり」「日々の暮らし」の視点から7つのアクションプランが策定されました。 地域・市民レベルでこのプランに基づいてどのように実践していくかがこの協議会に与えられた大きな課題です。

 このサイトでは、緑のカーテンの取り組みや、太陽光発電の導入・実践など、私たちが取り組んだ温暖化対策の実例や活動内容、また、私たちと目的を同じくして活動している団体、イベントなどをご紹介いたします。 ご訪問いただいた皆様のエコライフの一助となれば幸いです。

Monthly Column

私達は「甲府市地球温暖化防止対策実行計画」に謳われたこうした高い理念と行動を、「千里の道も一歩から」の方針で、着実に歩を進めたいと考えております。
甲府市温暖化対策地域協議会 会長
A-MEC株式会社 代表取締役
秋山高広

box  レイチェル・カーソン(米国)が、1962年、「沈黙の春」という本を著し、殺虫剤DDT等の空中散布に対し、生物多様性を奪う人間の傲慢さと、人間にも及ぶその汚染の危険性を示してから50年が立ちました。「春がきても自然は黙りこくっている。小鳥も歌わず、ミツバチの羽音も聞こえない。」つまり、地球上では勝ち組である人間の活動と向上心は、一方で、抑制の効かない独占的活動となり、地球環境を大きく変動させ、自らの成長可能性さえも奪ってしまうという教訓です。

 私は、子供時代を甲府市の田園地帯で過ごし、小魚、虫、蛙などは、いつも身近な遊びの対象でした。まさに自然が僕らのホームグラウンドでした。この美しい甲府の自然は、地球環境という大きな循環の中にあり、甲府の自然保護は、地球環境保全という取組みと一体不可欠であると考えるところです。

 一方で、地域における経済や技術の発展も重要です。地球環境と調和できる経済発展や新技術、こうした取組みも私達が支持し、普及啓発して行く必要があります。

 当協議会では、「甲府市地球温暖化防止対策実行計画」に謳われたこうした高い理念と行動を、「千里の道も一歩から」の方針で、着実に歩を進めたいと考えております。

Key Words

I hope you'll join us

一人でできることは小さくても、みんなの力が集まればきっと大きな力になるはずです。