甲州光沢山青松院


【心の杖言葉】

明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい
人生はいばら道、されど宴会

− 樋野興夫 −

 樋野興夫さんは順天堂大学の医学博士で基督者。 がん哲学外来、言葉の処方箋等々で著名な方です。 生きる意味、生きる価値を見つけていくロゴセラピーは クライエントとカウンセラーの協同作業です。 その都度その都度、言葉の処方箋を出すことにより、クライエントの 生きる力を援助します。お釈迦様の対機説法、応病与薬とも通底します。 ロゴセラピーの創始者ヴィクトールフランクルは、著作の中で人間は創造価値 ・体験価値・態度価値(道徳価値)の三つの価値を作り出すことができると説きます。 ギリシャ語でロゴは意味、ロゴスは言葉を意味しますが、ロゴスは基督者にとって、 意味、言葉以上のディープな響きがあります。(ロゴス≧意味・言葉)旧約には 「心に楽しみを持つ人は、毎日が宴会である」とあります。
 人生はいばら道、されど宴会! なんと力強い人生の応援歌でしょうか。 (令和元年9月)

「念ずれば花ひらく」
「生きるとは 死ぬときまでの ひと修行」
「為君幾下蒼龍窟(君がため幾たびか下る蒼龍窟)」
「衆生無辺誓願度(しゅじょうむへんせいがんど)」
「されば、人、死を憎まば、生を愛すべし。存命の喜び、日々に楽しまざらんや。」(吉田兼好)
「希望 工夫 気迫 感謝」(松原泰道)



【山内より】

平成31年4月8日、「はなまつり」の後の檀信徒総会にて、本堂の改修改築が承認可決されましたことをご報告申し上げます。
(出席者と委任状の合計が130を超え、総会は成立しました。)






top.jpg
 ◇ 歴史
 ◇ 系譜
 ◇ 観音信仰
 ◇ 庭園
 ◇ 仏像
 ◇ 仏舎利
 ◇ 彫刻作品集
 
 ◇ 仏典に学ぶ(休載中)
 ◇ 山内より


曹洞宗光沢山 青松院

〒400-0075
山梨県甲府市山宮町3314
TEL 055-251-6812
地図参照  各種御相談・問合せ

<電車/バスでのアクセス>
JR中央線・身延線 甲府駅下車約4キロ
山梨交通山宮循環バス「西甲府病院前」下車(約10分)

<車でのアクセス>
中央高速道甲府昭和インターより15分
湯村交差点を北に入る

Copyright 2002-2018, Seisyoin.
seishoin@nns.ne.jp