甲州光沢山青松院


【心の杖言葉】

春は花 夏ほととぎす 秋は月
冬雪さえて すずしかりけり

− 傘松道詠 −

 西欧には汎神論という言葉があります。神は細部に宿るという 考え方です。ヴェルテルやファウストで有名なゲーテが汎神論的 自然観をもっていたことはよく知られていますね。東洋、仏教には 汎仏論という言葉はありませんが、仏性、仏心を標榜する立場か ら言うなら、汎「心」論でしょうか。俳句や短歌はすべて汎心論と 言ってもいいでしょう。(令和2年3月)

「よろこびは ひゃくぶんのいちの しんいっぽ」(虚仮子)
「人生はいばら道、されど宴会」(樋野興夫)
「念ずれば花ひらく」(坂村真民)
「生きるとは 死ぬときまでの ひと修行」
「為君幾下蒼龍窟(君がため幾たびか下る蒼龍窟)」
「衆生無辺誓願度(しゅじょうむへんせいがんど)」
「されば、人、死を憎まば、生を愛すべし。存命の喜び、日々に楽しまざらんや。」(吉田兼好)
「希望 工夫 気迫 感謝」(松原泰道)



【山内より】

本年の「はなまつり」の稚児の舞は子供たちだけで 観音様に奉納いたします。(無観客で行います。)






top.jpg
 ◇ 歴史
 ◇ 系譜
 ◇ 観音信仰
 ◇ 庭園
 ◇ 仏像
 ◇ 仏舎利
 ◇ 彫刻作品集
 
 ◇ 仏典に学ぶ(休載中)
 ◇ 山内より


曹洞宗光沢山 青松院

〒400-0075
山梨県甲府市山宮町3314
TEL 055-251-6812
地図参照  各種御相談・問合せ

<電車/バスでのアクセス>
JR中央線・身延線 甲府駅下車約4キロ
山梨交通山宮循環バス「山宮北」下車(約10分)

<車でのアクセス>
中央高速道甲府昭和インターより15分
湯村交差点を北に入る

Copyright 2002-2020, 青松院.
seishoin@nns.ne.jp